2011年11月17日

第4回内定者研修

こんにちは。内定者の熊野です。
今回は、11月11日に行われた第4回内定者研修について報告させて頂きます。


今回はCADの操作の復習を中心とした研修でした。

情けないことに、前回教えて頂いた内容を忘れてしまっており、再度時間をとって操作部分の名称から教えて頂くことになりました。申し訳ございません。

今回は、何もない状態から「船」を自由に作図するという課題が与えられました。

ここではただ作図するのではなく、3つの条件付きでした。

@レイヤー(画層)を3枚以上使用する
Aハッチングで色を付ける
B寸法は全長15mにする


(↑記録の為に細かく書かせて頂きました。すいません)

さぁ、なんとかできましたが非常に残念な仕上がりふらふら(笑)
夏の研修でクルーズ船に乗せて頂いたにも関わらず、乏しいデザイン力に申し訳なさを隠せません…。



操作をマスターするだけでなく、今日は新たな課題が見つかりました。

今回ご指導して下さった、常友さんからのお言葉です。
「分からないことを分かると言わない。」

この言葉を、初期に言って頂いてよかったです。

聞くは一時の恥
聞かぬは一生の恥

ということわざがありますが、社会人になって責任が伴うほど大事なことだと思います。

質問する一瞬の恥ずかしさの為に手を挙げなかった、そのせいで授業についていけなくなったという経験は多々あります。

しかし、恥で済まされないのが仕事だと思います。(生意気にすいません)
迷惑を被るのは自分ではなくお客様です。


今回の船の作図でも、条件を守らずにやっていればもっと短時間でいいものができたかもしれません。
しかし、そういう「依頼」を実際にお客様から受けたと考えたら?


私は営業として来春から働かせて頂きます。
お客様からのご依頼を120%の完成度で提供したければ、たとえそれがお客様でもその場で聞かなければいけない。

「こんな設計に関して何も知らない営業に、頼んで大丈夫だろうか?」と、質問すればするほど思われるかもしれませんが、そうしてお客様に育てて頂くことが私の最初の仕事なのだろうと思いました。

常友さんの今回の言葉は重く受け止めるべきであり、この姿勢はずっと持ち続けたいです。


ただ、やはり私の船の設計だけは私に注文しないほうがいいかもしれません!もうやだ〜(悲しい顔)(笑)


熊野


味加味さんのランチ、今回もとても美味しかったです!ごちそうさまでしたわーい(嬉しい顔)黒ハート

写真 (9).JPG

お店の…猫ちゃん?(笑)お昼寝中猫可愛すぎます。

猫.JPG





posted by スタッフ at 01:49| 内定者コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。