2008年07月09日

【重なりあった浮動ビューポートの選択】

ペーパー空間上で、重なりあった浮動ビューポート(編集可能状態の図形表示枠)から目的の浮動ビューポートを選択するには、”Ctrl + R”キーを使用すると便利です。

キーを押すごとに浮動ビューポートが次々と切り替わるので、目的の浮動ビューポートを簡単に選択できます。
ラベル:KenKen
posted by スタッフ at 08:17| CAD関連・便利ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。