2011年10月03日

第3回内定者研修・広島MG研修

こんばんは。内定者のどうのです。
今回は10月1日・2日に行われた広島MG研修の報告をさせていただきます。

今回の研修は、大里社長とともに広島の神田山荘にて行われた広島MGに参加させていただきました。
内容はMG(=Management Game)といって、自身が会社の運営者となりルールに従って運営し、
資金繰表を記入しながら自己資本金を増やしていくものでした。

ゲームの進行は難しいルールなどはあまりなく、進行させることは早いうちからできたのですが、
自社が成長させていく方法や、他の方々がどういう目的で行動しているのかを考えることはとても大変でした。
また資金繰表・マトリックス会計表の記入ではどうしてもエラーがでてしまいとても時間がかかりました。

しかし、多くの方に親切に記入方法やアドバイスを教えていただき、
段々と自社の成長に必要なものや、まわりの状況を把握することができるようになりました。
また、西先生の講義を受けることで経営計画や損益分岐点も少しは理解でき、MGを楽しめるようになったと思います。


今回の研修では多くの方々と交流することができ、とても良い経験をさせていただいたと思います。
またMGを通して全体を見通すことや、状況を把握することの大切さも知ることができました。
まだまだ内定者という立場でありながら皆様に親切にしていただき、広島MGをとても楽しむことができました。
本当にありがとうございました。


ラベル:どうの
posted by スタッフ at 23:48| Comment(0) | 内定者コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビーラブレディースMG inKOBE舞子ビラ

こんにちは。内定者の熊野です。
今回は、10月1〜2日の2日間にわたって行われた、MG研修について投稿します。

開催場所は舞子と広島です。女性はレディースMGとして、私と小島さんの2人が舞子へ参加、
男性は社長と道野君の2人で広島へ参加、というように別々での研修となりました。

ここでMG研修というものを、短く説明していきたいのですが、研修を終えた今の段階でも分からないので、恐れ多くてここでは説明できません。(お恥ずかしいです。)


現段階で言えるのは、MGとはゲームを通じて経営戦略を学ぶこと、だと思います。
ゲームですので運があるとも言えますが、大抵は自己判断の積み重ねであり、結果は自分次第です。

自分は架空の会社の経営者となり、自己資本金アップを目指します。
手元には仕入れから販売までが一覧できるボードがあり、それをもとに資金で会社を動かしていきます。

ここで面白かったのが、自分のボードだけ見ていれば良いわけではない点ですね。
上級者の方々の視野の広さには驚きました。

制限時間内に資産運用しつつ、資金繰表に正確に進行を記入していかなければならないのですが、
ついつい間違えてしまいます。
そんなミスを、上級者の方はすぐに見抜かれて、指摘してくださるんです。

全員経営、というのは叶_戸設計ルームの経営理念であり、またこのゲームのポイントでもありますが、
一人一人が理解して動く、という大切さが分かっているからこそ、一人としてゲームに取り残しがないように神経が自然と研ぎ澄まされておられるのだなと実感しました。

儲けること、勝つことがゲームの目標だと思っていたのですが、それとは別に、人を冷静にみることができる、しかも全員を。という感覚を身に付けることもこのゲームの狙いなのだと思うと、益々興味深いものだと思います。

次回は人の戦略のねらいをゲーム中に見抜けるようにしていきたいですね。
会社でもそう心がけたいです。自分の仕事だけ、ではなくて一人一人が何をされておられるのか、次に何をするのか。
それを聞くのではなく、感じ取れるようになることが、この研修で自分が吸収したい力の一つだと言えます。


なんて、生意気に書いてしまいました。実際、「教えて下さい」しか言ってないんですけどね…(笑)

今回は上級者の方々を始め、皆様に多くの支援を頂きました。
他社の内定者の友達もできましたし、この研修に参加させて頂き、大変楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございました!



posted by スタッフ at 22:48| 内定者コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。